髭はデメリットでしかない。脱毛で“モテる男”になれるのか?

自分にとっての髭は、たとえそれがコンプレックスの1つであっても、脱毛することで“モテる自分の要素”に転換することが可能です。

ポジティブに考えトライしましょう。

・髭があるのはメリットかデメリットか。

男性の髭をメリットとして捉えられるかデメリットに感じているかで、日々の髭との付き合い方が違ってきます。

そうはいっても、毎朝の髭剃りが面倒だとか、濃くて密度のある髭で夕方になると青くなるなどというのは、髭をメリットに感じている男性でも面倒なもの。

まして実年齢よりも老けて見られることが多い男性は、髭をデメリットにしか受け取られません。

ともするとコンプレックスにもなってしまうのが髭です。

・その髭コンプレックスは脱毛で治せる。

髭が嫌でシェービングや手入れが面倒、自分には髭が似合うとは思っていない。

そういう男性でもうまく脱毛できれば、コンプレックスに通じてしまうような髭でも、一転して男性らしさをアピールする武器に転換できます。

「ついつい顔がうつむきがちになってしまう」、仕事で「もっと積極的に対話するように」と上司からアドバイスされたことがある―。

髭の脱毛はそのようなマイナス要因を取り去ることにもなります。

・モテる男は髭の扱いが上手。

女性目線でみると髭は魅力あるパーツの1つです。

効果的に残してアピールしましょう。

髭にコンプレックスがある男性でも、デザイン的にうまく脱毛できれば“モテる男のパーツに変身”させられます。

嫌な自分の髭でも、一度は女性目線で客観的に眺めてみましょう。

「モテる男になれるなら」と、消極的でしかなかった行動や考え方を一変させることができます。