カミソリ負けで肌荒れ!髭を脱毛しモテる男になりたいのですが?

髭剃りに時間をかけすぎている人は、カミソリ負けして肌荒れがひどくなった経験があるのではないでしょうか。

髭の脱毛でコレを解消し、モテる男の適齢期を逃さずにトライしていきましょう。

・肌荒れは髭剃りの時間に関係する。

ある美容雑誌編集部のアンケートによると、1回の髭剃りにかかる時間は10分~20分の男子がもっとも多く、「15分~20分かけている男性は、カミソリ負けしたり肌荒れしたりする確率が高い」、「実際に肌荒れで悩んでいる男性が多い」との結果が示されています。

自分でも気がつかないうちに重ね剃りが多くなり、雑菌が入り込んで肌荒れの原因になることもあります。

・髭を脱毛するなら20代~30代のうちに。

モテる男の平均的年代は20代~30代という見方があります。

女性がそうであるように男性にもモテ期というのがあります。

美容系の良さは髭の脱毛だけではなく、美肌や痩身など総合的なプログラムを受けられること。

医療脱毛の良さは、強力なレーザーパワーによって永久脱毛が可能になることです。

医師が施術するので、術前・術後のケアも確実です。

なるべく早い時期にカウンセリングだけでも受けてみましょう。

・カミソリ負けは脱毛で解消。

モテる男へのステップも髭を脱毛で可能性が大きく広がります。

時期を逃さないことが大事です。

髭の脱毛を考えている男性の中には、決断がつかずにモテる男の適齢期(モテ期)を逃してしまう人もいます。

20代~30代はまさにその時期です。

適齢期にあたる男性は、ある程度の踏ん切りがついたら行動に移してみることです。

無料カウンセリングを活用し、その後に決断することもできます。

青髯で苦労しています。脱毛すればスッキリ、モテる男になれる?

髭の脱毛には単なる脱毛と永久脱毛の2通りがあります。

青髯を解消してモテる男になりたいなら医療レーザーがおすすめ。

強力なレーザーパワーで悩み解消です。

・髭の濃い密度の高い男性によくある青髯現象とは。

髭を剃っても髭のある部位の肌が青くなるってしまうのは、皮下にある髭が透けて見えてしまうからです。

コレは青髯現象とも言われていて、髭の濃い密度の高い男性に起こりがちです。

せっかく時間をかけてシェービングしたのに、そのすっきり感が保てるのは夕方まで…。

こんな男性も少なくありません。

口元が青く映ってしまう度合いにも個人差がありますが、モテる度合いを下げているのは間違いありません。

・“青髯解消でモテる男”には医療レーザーがおすすめ。

青髯現象の男性におすすめなのは、メンズサロンや美容系のサロンで行なわれている普通の脱毛ではなく、医師が行なう髭の脱毛、すなわち永久脱毛です。

サロンと同じレーザーを使った髭の脱毛ですが、クリニックなど医療機関で行なわれている脱毛は、レーザー出力がサロンの3倍程度はあるため、毛根の奥の毛乳頭組織まで届き、育毛環境を完全に破壊することができます。

・モテる男になりたいのなら、脱毛時の痛さも多少は我慢。

永久脱毛すれば、青髯現象に悩まされることはなくなります。

濃い髭の男性なら少なからず悩んだこともある青髯。

モテる男をめざしてコレを解消したいのなら、医療機関におけるレーザー脱毛をおすすめします。

美容系の脱毛では出力が弱いため、半年もすると脱毛したはずの髭がそこからまた再生してしまいます。

【気になるニュース】りゅうちぇる「ワイルド~」に変身、ひげの脱毛断念

髭の脱毛で何がいちばん変わる?モテる男になれる?

髭の脱毛効果は単に女性にモテるというだけではありません。

私生活上の時短やビジネス上の好感度アップにも大きなパワーを発揮できます。

・脱毛して自信がつけばモテる度合いも向上。

女性から見た男性の髭は、決して嫌な存在というだけではありません。

髪や服装と同じように、きちんと整えられていれば好感度はアップ。

その先には、モテる男のプロセスが見えてきます。

自分に自信がもてれば話し方が変わってくるし仕草も違ってきます。

もちろん女性の反応が脱毛前とは違うので、自信が確信に変わるのも時間の問題です。

さらに髭の脱毛は、ビジネス上にも効果をもたらします。

・時短にもなってビジネス上の効果にも期待が。

モテる度合いがアップするだけではなく、たとえば毎朝髭を剃らなければならないシェービング時間の短縮にもつながります。

髭がキレイに整えられれイライラが解消されれば、「デキる人」「自己管理の行き届いた人」、「もう少し話を聞いてみよう」などと、ビジネス上でのメリットも生まれます。

不思議なもので髭をデザイン的に脱毛したりツルツルにしたりすると、髪型や服装を意識するようにもなります。

・髭の脱毛は、総合的にモテる度合いをアップさせ、ビジネス上での会話・対話でも説得力が増します。

髭の脱毛は髪や服装と同じように、きちんと整えることでスッキリとした印象に生まれ変わり、女子からのモテる度合いは間違いなくアップ。

さらにビジネス上でのデキる男としての印象も高めるなど、全般的に好感度が高まります。

ツルツルにするも良し、デザイン髭にするも良し。

極端に言えば、新しい顔と人生を手に入れるのと同じくらいの効果があるかも知れません。

髭はデメリットでしかない。脱毛で“モテる男”になれるのか?

自分にとっての髭は、たとえそれがコンプレックスの1つであっても、脱毛することで“モテる自分の要素”に転換することが可能です。

ポジティブに考えトライしましょう。

・髭があるのはメリットかデメリットか。

男性の髭をメリットとして捉えられるかデメリットに感じているかで、日々の髭との付き合い方が違ってきます。

そうはいっても、毎朝の髭剃りが面倒だとか、濃くて密度のある髭で夕方になると青くなるなどというのは、髭をメリットに感じている男性でも面倒なもの。

まして実年齢よりも老けて見られることが多い男性は、髭をデメリットにしか受け取られません。

ともするとコンプレックスにもなってしまうのが髭です。

・その髭コンプレックスは脱毛で治せる。

髭が嫌でシェービングや手入れが面倒、自分には髭が似合うとは思っていない。

そういう男性でもうまく脱毛できれば、コンプレックスに通じてしまうような髭でも、一転して男性らしさをアピールする武器に転換できます。

「ついつい顔がうつむきがちになってしまう」、仕事で「もっと積極的に対話するように」と上司からアドバイスされたことがある―。

髭の脱毛はそのようなマイナス要因を取り去ることにもなります。

・モテる男は髭の扱いが上手。

女性目線でみると髭は魅力あるパーツの1つです。

効果的に残してアピールしましょう。

髭にコンプレックスがある男性でも、デザイン的にうまく脱毛できれば“モテる男のパーツに変身”させられます。

嫌な自分の髭でも、一度は女性目線で客観的に眺めてみましょう。

「モテる男になれるなら」と、消極的でしかなかった行動や考え方を一変させることができます。