髭の脱毛で何がいちばん変わる?モテる男になれる?

髭の脱毛効果は単に女性にモテるというだけではありません。

私生活上の時短やビジネス上の好感度アップにも大きなパワーを発揮できます。

・脱毛して自信がつけばモテる度合いも向上。

女性から見た男性の髭は、決して嫌な存在というだけではありません。

髪や服装と同じように、きちんと整えられていれば好感度はアップ。

その先には、モテる男のプロセスが見えてきます。

自分に自信がもてれば話し方が変わってくるし仕草も違ってきます。

もちろん女性の反応が脱毛前とは違うので、自信が確信に変わるのも時間の問題です。

さらに髭の脱毛は、ビジネス上にも効果をもたらします。

・時短にもなってビジネス上の効果にも期待が。

モテる度合いがアップするだけではなく、たとえば毎朝髭を剃らなければならないシェービング時間の短縮にもつながります。

髭がキレイに整えられれイライラが解消されれば、「デキる人」「自己管理の行き届いた人」、「もう少し話を聞いてみよう」などと、ビジネス上でのメリットも生まれます。

不思議なもので髭をデザイン的に脱毛したりツルツルにしたりすると、髪型や服装を意識するようにもなります。

・髭の脱毛は、総合的にモテる度合いをアップさせ、ビジネス上での会話・対話でも説得力が増します。

髭の脱毛は髪や服装と同じように、きちんと整えることでスッキリとした印象に生まれ変わり、女子からのモテる度合いは間違いなくアップ。

さらにビジネス上でのデキる男としての印象も高めるなど、全般的に好感度が高まります。

ツルツルにするも良し、デザイン髭にするも良し。

極端に言えば、新しい顔と人生を手に入れるのと同じくらいの効果があるかも知れません。

髭はデメリットでしかない。脱毛で“モテる男”になれるのか?

自分にとっての髭は、たとえそれがコンプレックスの1つであっても、脱毛することで“モテる自分の要素”に転換することが可能です。

ポジティブに考えトライしましょう。

・髭があるのはメリットかデメリットか。

男性の髭をメリットとして捉えられるかデメリットに感じているかで、日々の髭との付き合い方が違ってきます。

そうはいっても、毎朝の髭剃りが面倒だとか、濃くて密度のある髭で夕方になると青くなるなどというのは、髭をメリットに感じている男性でも面倒なもの。

まして実年齢よりも老けて見られることが多い男性は、髭をデメリットにしか受け取られません。

ともするとコンプレックスにもなってしまうのが髭です。

・その髭コンプレックスは脱毛で治せる。

髭が嫌でシェービングや手入れが面倒、自分には髭が似合うとは思っていない。

そういう男性でもうまく脱毛できれば、コンプレックスに通じてしまうような髭でも、一転して男性らしさをアピールする武器に転換できます。

「ついつい顔がうつむきがちになってしまう」、仕事で「もっと積極的に対話するように」と上司からアドバイスされたことがある―。

髭の脱毛はそのようなマイナス要因を取り去ることにもなります。

・モテる男は髭の扱いが上手。

女性目線でみると髭は魅力あるパーツの1つです。

効果的に残してアピールしましょう。

髭にコンプレックスがある男性でも、デザイン的にうまく脱毛できれば“モテる男のパーツに変身”させられます。

嫌な自分の髭でも、一度は女性目線で客観的に眺めてみましょう。

「モテる男になれるなら」と、消極的でしかなかった行動や考え方を一変させることができます。